無職の果て

■ 無職の果て

無職という社会的地位はかなり低い、というかに等しい。
私達夫婦が無職になって思った事は、独身・無職者のリアル

両親や兄弟や友達から、
『仕事しないで毎日何をやっているか』
と聞かれる事だ。

義理の姉はもともと働くのが好きではない。
子供が既に2人いるのだが、巨額の学費を支払うのに
今後更に20年間もの歳月を会社で過ごす必要があるのだ。
どうも私達の事を嫉妬しているようだ。きょうだいリスク
メールをしても返信すらない^^;

私は子供をまだ産んだ事がないのだが、自分の子供が
学校で勉強した後に、就職して働くも、その理由が単に
『お金の為』であって欲しくはない。
お金を稼ぐ事が目的であってはならないと思う。
自分の子供には、お金は稼げなくても自分の好きな事に
没頭して人生を謳歌して欲しいと心から思う。

だが、周りを見渡してみて欲しい。

お金の為ではなく、情熱を注ぐ事が出来る好きな仕事に
就いている人がいかに少ないか。

それでも親は、何故子供に常に働いていて欲しいのか
自分の子供が苦しく大変な思いをしているにも関わらず。

皆と同じ事をすれば目立たず落ち着くから?
無職になった我が子は世間体から恥ずかしいから?

欧米ではそんな風潮はないのに、日本では何故そうした
考えが根付いているのか私には不思議でたまらない。
思いつき無職生活

日本人は働き過ぎな国民だ。
国民揃って、仕事が人生の中で最優先であるかのように
時に自分の家族を犠牲にしてまでして働く。

私にはそんな姿が異様に映る。

皆さんはどう思われるだろうか。
スポンサーサイト

回し車

■ 回し車

人間の日々の活動において、書いてみたいと思います。

仕事をしないと生きている意味がない?
子供を持たない事は女性として間違っている?


皆と同じ事をしてさえすれば、目立たないし良いのでしょうが、
一歩道から外れると、色眼鏡を持つ人々と付き合うのが難しい。
感覚が段々と合わなくなって来るのです。

働いて国に高い税金を納めて今の生活を必死で
維持して踏ん張って生きる事に私は違和感を感じるのです。
体外離脱するサラリーマン

まるで狭いケージの中に飼われたハムスターが回し車に乗り、
全速力で走っているかのように見えます。
彼等は走るように、プログラミングされているのです。
人間の本能

毎日深夜までの仕事漬け生活で鬱を発症し自殺してしまったり、
女性が生活苦で売春してしまったり、事業が上手く行かず破産、
大きな病気になって医療費が支払えない等...他人事ではない。

そうした弱者にも何かしらの救済措置を取れるような
社会ではないと、人間のバランスが崩れてくる。
この歪んだ社会で皆が悲鳴をあげ始めているように感じます。

ハムスターは狭いケージの中で飼われています。
狭い檻に暫く閉じ込められる動物の大半は、その狭い社会の中で
人生の大半の時間を費やすことになります。楽園の檻
その生活に慣れてくると、檻の外がどんな所なのか想像出来ない。
皆この檻の中で暮らしているし、これが普通なのだと思ってしまう。

『本能』、恐らくこれに尽きるのでしょう。

人間は動物達以上にこの地球上で繁殖を続けます。

面白いマウスの実験があります:
マウス・ラット実験ノート
エサと水を十分に与えた広大な場所で、オスとメスの各4匹が
どう増殖をしていくのかを実験したところ、マウスの人口は、
ピーク時には2,200匹にも達したが、その後は減少に転じ、
最終的には全滅してしまったそうです。ドクター・ラット

今後人間は無意味に自然環境を破壊し、経済成長を進めた
あげく、72億人に食料が行き渡らなくなり自滅していくか、
はたまた大きな戦争で沢山の人間がお互いを殺し合うのか、
または、スペイン風邪のように伝染病で大量に死ぬのか。
自滅する選択

そう考えると、人間というより1つの細胞に感じます。

そう映る私は、きっと人間の本能の部分が欠如した動物に
過ぎないのでしょう。または、人間が増殖し過ぎている事を
感じ取り、もう繁殖は必要ないと何かしらの本能が自分に
働いているかのどちらかだと言えます。
人類は今やその行動力で自滅に向かっている

人間にとって、何をしていれば一番幸せな状態なのでしょう。
本能の赴くがままに回し車に乗って、働いて子供を産んで
育てていた方が何よりも幸せなのかもしれません


今日のたわごとでした。

外国人との出会い

■ 外国人との出会い

日本人は世界から見れば英語が苦手な民族に映っているようです。
日本の教育システムに?と思う所は沢山あります。
中学校や高校で週にたった3、4回程度ある英語の授業を受けて、
更に日本人の英語教師が日本語訛りの英語を教えている状況で
どうやって英語が話せるようになるのでしょうか。

私は英語に興味があり自分で英語のテープを購入して聞いたり、
英語のラジオを聞いてみたりと試行錯誤して勉強してみましたが、
実際に学習した英語を話す機会に恵まれませんでした。

大学では英文学を専攻していました。大学2時の夏休みを利用して
3週間程NZに行ったのを機に、自分の英語力のなさを痛感しました。
日本語が通じない相手を目の前にすると単語が思うように出てこない。

日本に帰国して英語を話す環境を作ろうと、英語教科書の問題集や
英語雑誌を扱うといったアルバイトに就いたりしました。
ヤバいよ 外国人と会う 5分前!
外国人とどうにかして外国人と接点を持ちたいという想いがあり、
外人ハウスに入居したのを機に外国人の友達が沢山出来ました。
お陰で毎週末を外国人達と過ごし、英語はかなり上達したのです。

日本で外国人との出会う方法は多岐に渡ります:
①英語学校に通い英語が母国語の外国人英語教師に出会う
②外国人専用の出会い系サイトや婚活サイトに登録
③Meetupというサイトに登録して外国人と自然に出会う
④Language Exchangeがしたい外国人と言語交換をする
⑤大都市近郊の言語交換パーティーに参加する
⑥外国人が多く住む外人ハウスに暫く住んでみる
  「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践
⑦外国人向けの新聞やサイトのClassified欄から連絡を取る
⑧毎週日曜日に協会へ出かけてみる
⑨週末クラブやバーで出会う
⑩外国人が興味のありそうな多種多様なの習い事をしてみる
(例えば柔道、空手、合気道、剣道、書道、テニス、登山やハイキング等)
⑪ボランティアに所属してみる(ピースコープ等)
⑫アニメや漫画等のイベントに参加してみる

外国人が主に日本に興味を持つきっかけとなるような
共通の趣味を持つと自然と交流が生まれてきます。
JAPAN外国人が感嘆した!世界が憧れるニッポン

私が実践したのは、仕事の後にフリートークのある英語学校に
頻繁に行って英語教師と交流をする事です。
週に3回程度は行こうと心に決めて通い続けましたが、
沢山の英語講師と話すうちに学校以外でも交流が生まれました。
週末にBBQやカラオケ、飲みに行ったりと英語教師仲間と
楽しく過ごす事ができました。
英語学校にも寄りますが、割と小規模な学校の方が先生達と
仲良くなる事が出来るのでお勧めです。
英語教師も先生同士で頻繁に集まって情報交換等をしているので、
その中に入れて貰えたらもはや学校に通う必要性がなくなります。

また思い切って外国人が多く住む外人ハウスに住んでみる事です。
居間には今外国人がいます。(1)
彼等の多くは外国人であるが故にアパートの契約を断られるケースが多く、
家賃も割安で入居審査が簡単である外人ハウスを選ぶ傾向があります。
日本人でも知らない!?外国人の大疑問

彼等は郵便局や各種手続き等日本での生活に関する色々な質問を
して来るのでサポートしてあげたり、お互いの国の料理を作りあったり、
日本語を教えてあげたり、買い物に行ったり、飲みに行ったりします。
もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

外国人の友達は街やイベント等で出会った外国人と気軽に話しかけて
友達になったりするので、更に沢山の外国人の友達が出来ます。
自分がその外国人社会の中に属した事があるのであれば、
お分かり頂けると思うのですが、外国人の友達の連鎖は連鎖を呼びます。

英語を話すための目的と割り切って色々な外国人と会って行く内に、
外国人と会って話す事に慣れて免疫が出来てきます。
英語を沢山聞いて話せば話すほど英語は喋れるようになります。
英語に自信が持てるようになったら、彼等と対等な関係を築けます。
彼等も『英語を話すあなた』と深い話が出来るようになり、
段々と信頼感が出てきます。

様々なバックグラウンドを持つ外国人と友達になると視野が広がります。
お互いに全く違う文化であるので異文化を受け入れられるようになったり、
合理的、人生観や労働観の違い、客観性等多方面から物を考えられる
ようになれるので話していて常に刺激を受けられるのです。

また、外国人男性の女性に対する扱い方も日本人男性とは違います。
日本人男性は好きな女性に対して、何も言わなくても態度で好きだと
わかって欲しいといった傾向があり愛情表現をあまりしたがりませんが、
外国人男性は『愛している』等と愛情表現が豊かです。
自分が思っている事を、素直に表現しますし物事を曖昧にしません。
『YES』か『No』か白黒はっきりと伝えてきます。

人生はどこでどんな人に会い何が起こるか全く分からないものです。
将来の伴侶に明日出会うかもしれません。
常に色々な情報を得て、イベントや習い事等をしたりしてアクティブに
過ごしていると沢山の出会いが期待できます。

良い友達や伴侶に巡り合える事を祈っています。

ID取得

■ ID取得

金曜日の朝、国民IDを取得できました!
弁護士からは、移住してから6日営業日に取得可能と
言われていたものの、実に7週間もの時間を要しました。

私達の場合、2年前に入国した際の記録が、どういう訳か
日本ではなく北朝鮮として登録されており、国名を修正しました。

その後、この町から少し離れた所にある政府のオフィスに行くも
担当者不在で政府の機能が完全に遮断され暫く立往生。

弁護士の判断でやむを得ない処置として、ここから3時間程
離れた町で申請する事にしました。
1度目のトリップでは、住所変更が必要でしたので、まずは
弁護士アシスタントの友達の住所を使い変更を済ませました。
そして別のオフィスに行き、ビザの登録をしに行くも担当した
女性の不手際で1日で完了するはずの手続きが出来ず。

政府オフィスから連絡があり、2週間後に2度目のトリップを計画。
再度片道3時間離れたオフィスに訪問して別の担当者が簡単な
手続きに6時間程かけました。
トータル12時間を申請の為に費やしたのでした。1日がかりです。
前回私達を担当した女性は2週間の間にになっていました...。

2度目のトリップから2日後に弁護士から連絡があり、翌日この町に
ある政府のオフィスに行き指紋や顔写真を取られた後に、
無事国民IDを取得できたのでした。

ここまで7週間。長い道のりでした。

これで健康保険に加入が出来たりと、この国の国民と同じ権利が
持てる事になりました。
とはいえ、永住権の身なので永住権を保持する為に国外に出ても
良い期間が決められていたりと、様々な規制があります。
もし3年後にそうした様々な規制を全てクリアすれば、正式にこの国
パスポートを取得して国民になる事も可能です。
日本を脱出する本

パスポートを取得するには、スペイン語で歴史の試験や面接に
合格しなければならないそうです。
ですが、次々と変わる政府の方針と規制によりパスポート取得は
年々かなり要件が厳しくなっているとの事。

弁護士

■ 弁護士

この国の永住ビザを取得するのに弁護士を雇ったのですが、
2名でそれなりの費用を支払いました。

移住した翌日に弁護士と面会して、最後の弁護士費用を
現金で支払いました。その際領収書は受け取りませんでした。

今朝弁護士から連絡があり、明日の予定と共にまだ残りの
弁護士費用が10万円程あるので支払いをお願いします、
と言った内容のメールが届きました。

何故だろうと、勝手に震えだす手
色々想像すると恐ろしくなり、身体が震えました

相手はこの国である程度の権力を持つ弁護士です。
決して敵に回したくはありません。

私達は全ての弁護士費用を既に精算したはずなのに何故か?
と思い、恐る恐る契約書を再確認してみましたが、やはり
どう読んでも全金額を既に支払っているのです。

『これは何かおかしい』と思い、3月に1度目の手付金を
支払っているし、移住した翌日に面会した際に最後の残りの
金額を現金で支払っているといった内容のメールを返信しました。

数時間後.....

弁護士から連絡があり、『Thousand of apologies....』の文章から
始まり、自分のミスである事、あなた達は既に全金額を
支払っています
。と返信がありました。

ほっとしました

この文章で、最後に支払った現金の領収の意味にもなります。
私達が気にしていたのは最後に払った現金も、弁護士から
『そんなの払ってない』と言われえば、
こちらで提出できる証拠が何もなかったことです。
契約に関する法律相談

やはり信頼している弁護士とはいえ、お金のやり取りには
もっと神経を使った方が良さそうです。
今後領収書は必ず貰い、全ての証拠を残すのです。

弁護士でさえこんな感じで重大なミスをします。
頼れる弁護士の見つけ方
今後この弁護士を使い続けるか躊躇してしまいます。

投資会とポットラック

■ 投資会とポットラック

この町では沢山の外国人が暮らしていますが、彼等はアメリカや
その他の国の経済動向についてとても敏感です。
毎月1回、投資会と呼ばれる会を開催しているようなので、
興味もあるので、2人で参加してきました。投資カレンダー2017

アジア人である私達以外は全て白人の年配者ばかりでした。
ランチの時間に集まり、皆決まったメニューを注文して、
ご飯を食べながら講義を聞きました。
バフェット 伝説の投資教室
既に会った事のある方が2名もいたのでした。狭い世界です。

彼等は常に株やリート等、様々な金融商品を取引をしています。
話から皆裕福で大きな金額を動かしているように見えました。
一生お金に困らない個人投資家という生き方
1人がプレゼンをして、今後の経済を予想していましたが、
様々な質問が飛び出しそれぞれコメントをしてゆくのですが、
楽観的な意見や、悲観的な意見等が聞け良い刺激になりました。
また来月も懲りずに参加してみようと思ってます。

火曜日の夕方からはいつものLanguage Exchangeがあり、
今年最後のクラスでした。最終日は自分の国の料理を、
一品持ち寄り食べましょうという『ポットラックパーティー』です。

私達が持っていったのは、もちろん先日の自宅パーティーでも
ベネズエラ人カップルに出した海苔巻きです。

クラスに行ってビックリ。通常の3倍位の人数が集まっていました。
海苔巻きは2皿持って行きましたが、恐らく残念ながら全ての人に
行き渡らなかったと思います。色々な国の人達が来ていましたが、
料理を持ってきた人達はあまりいませんでした。

主催している先生達からは、珍しい寿司を持ってきてくれて
有難うと大変感謝されたのでした。特に男性の先生は、未だかつて
巻き寿司を食べた事がなかったらしく、感動していました。

隣に座ったのは、お昼に投資会で会ったアイルランド人のおじさん。
彼は料理を持ってこなかったので、先生の一人にお金を渡そうと
していました。男性は料理をしないでしょうから、難しいですね。

そのおじさんは普段からズバズバと物をいうので好きだったのですが、
割と空気が読めない男性なようで、現地の人達が多数いる前で、
『ここには仕事がない、経済は最悪だし、
仕事に就いても賃金は安い』
等と言うので、
聞いている私達もばつが悪い想いをしたのでした。

確かにそうです。ですが、この場で言う話ではないと思うのです。
時給に換算したら恐らく5ドルもありませんから仕方ないのですが、
そういう環境で働いている人達を馬鹿にしているかのようでした。

お金を沢山稼いだ人が偉い?
お金を稼げないと人間としていけない?


お金を沢山稼げても自分が幸せにならないと意味がないのです。
毎日道端で野菜やフルーツを広げて売っている人達の中には、
笑顔が素敵で笑ってとても心が豊かに見える人達もいます。
キラキラしている彼等を見ると、彼等から幸せをおすそ分け
して貰っているように感じるのです。

12時間の旅

■ 12時間の旅

パーティーの翌日は、また往復6時間かけて前回行った町へ
再び行く予定になっていました。弁護士が車を手配します。
夜と夜中と早朝に
待ち合わせは午前4時30分でしたので、午前4時に起床しました。
急いで支度をしていたら、4時15分頃に電話が鳴りました。

『今着いたんだけど』 とドライバーから。早っ!
前回は大幅に遅刻してきたのに。

大急ぎで支度して車に乗り込み、少し走らせるとまた別の
アメリカ人のリタイアカップルをピックアップしました。
とても山道を楽しむ事なんてできない、くねくねした長い
砂利道をひたすら走らせ、3時間かけて別の町へ。

現地に到着するも政府のオフィスが空くまで時間があるので、
皆それぞれ朝食を食べに行きました。
1件目のオフィスで、アメリカ人カップルが住所変更を済ませ、
2件目のオフィスでは私達も一緒に手続きをするのですが、
弁護士オフィスのアシスタントであるキャッシーがかなり適当な
性格の女性なのです。

キャッシー:『あなた達は、既に政府からアポイントのメールを
受け取っているから、申請番号は取る必要はないわ。』と言います。

他にも待っている人達がいるのに、そんなはずはないよな...と思い、
キャッシーを横目に私達が窓口に駆け寄って直接担当者に聞くと、
やはり申請番号が必要だと言うのです。キャッシー、頼むよ^^;
ラテンの気質なのか、笑いながら話すタイプの女性なのです。
天真爛漫な適当星人です。適当川柳

申請番号を受け取り、やっと私達の番号が呼ばれて、担当官が
私達の国民IDの登録をするのですが、最終的に渡された書類上の
ある日付が主人と違う事に気づき、私が『これは何の日付?』と聞くと、

キャッシー:『今日の日付よ』
政府担当官:『今日の日付だね』と続けます。


じゃあ、主人の日付を今日の日付に修正すれば良いと、
担当者は日付の修正に取り掛かりますが、実は『今日の日付』を
書く所ではなく、『この国に入国した日付』だったのです。
なので、主人の書類が正確で、私の書類が間違っていたのでした。

キャッシーも、政府担当官も、皆適当過ぎます。
適当な弁護士アシスタントと、それを鵜呑みにする馬鹿な担当官。
彼等に振り回されない生き方がしたい。

その後、私の間違った書類を修正するだけの作業に要した時間、
『1時間以上』です。

朝4時30分に出発して、帰って来たのが12時間後です。
往復6時間なので、現地で費やした時間がざっと 『6時間』。

私は特にミスをしてはいけない、仕事をしていただけに、
こうした凡ミスをする人達にどうしても閉口してしまいます。

キャッシー曰く、特にクリスマス前は、ホリディーモードで
特に皆働きたくないとダラダラしてしまうそうです。
ホリディー等関係なしに、これはいつもの事かも知れません。
彼女の話も話半分で、適当に受け流す事にした方が賢明かも。

この国では、こんな調子です。

パーティー

■ パーティー

日曜日のランチはベネズエラ人カップルを自宅に呼んで、
ホームパーティーをしました。ハンドメイド・パーティー
現在Airbnbで借りているアパートのキッチンコンロが
2口しかないために料理に時間がかかり苦戦しました。

それもコンロがガスではなく、IHクッキングヒーターなのです。
電気で料理する為に火事になる可能性が低いのですが、
猛烈な強さの電磁波を発生するので、
身体に有害と言う人もいますが、真意の程は良く分かりません。
個人的には、ガスコンロが5, 6口あると料理しやすいです。

前日に黒豆を戻したり、ケーキをフライパンで焼いたり、
結果ケーキは失敗しました ^^; IHクッキングスイーツレシピ

その他日本から持ってきた海苔を使って海苔巻きをどっさりと
巻いたり、チップスやフルーツ、チーズやサラミ、ジャガイモの
ソテー等のおつまみや、パスタやサラダ等を出しました。

ビュッフェ形式のようにキッチンカウンタートップにぎっしりと
並べられた料理を見て彼等は驚いていました。

『いつもこんなに食べるの?僕たちがこんな凄い量を食べる
とでも思ったの?』
と嬉しそうに聞きます。

『好きなだけ自分で取って食べてね』と言って誘導しても、席から
動こうとしません。仕方ないので、テーブルの上におつまみのお皿を
数皿置くと、やっと手を出しますが、かなり控えめなのです。
パーティーによばれましたよ

その後、暫くしてからカップルが『料理を食べて良い?』と私達に
聞いて、カウンターにある料理を好きに取って貰いました。
まんぷくごほうびビュッフェ
彼等の文化にはあまりビュッフェ形式がないとか?!

特に卵焼きやツナ、きゅうり、アボカド、サラダ菜等を入れた
巻き寿司は好評で沢山食べて貰いました。
用意したビールで皆で乾杯して楽しく3時間程話しました。

彼等曰くここの国の人達はあまりパーティーをしないそうです。
ベネズエラ人は、良く友達や家族と集まって自宅でパーティーを
するそうなのですが、こちらの人達はそうしたタイプではないそう。
人に寄りけりですが、少し納得する所もありました。

とまあ、色々と準備に大変でしたが彼等に喜んでもらえたので、
パーティーはひとまず成功!乾杯ハードワーカー

日本語

■ 日本語

毎週木曜日に参加している言語交換のクラスの男性の
先生が、現在大学で柔道をやっているので日本に対して
かなり興味があるのは知っていました。柔道寝技を極める!
授業中に私に向かって柔道や帯の色の話をしたり、
日本語で数字を数えて見せていましたから。

大学の柔道の先生は日本人ではなく、現地人だそうですが、
『せんせい、はいっ!』と日本語が使われるそうです。

授業の後に、日本語を習いたいから是非個人的に
教えてくれないか、いくらか授業料を払うとの事でした。
こちらで日本語を習いたいという需要は確実にあります。
お金を払って日本語を学びたい人達がここ南米にいるのです。
日本語教師になろうかな。。。

私は日本語を教えた経験等全くないので
『お金はいらないから、スペイン語を教えて』
と返答。

彼は喜んで承諾。早速土曜日の午後に会う事になりました。

土曜日の午前中には、また別の言語交換のクラスがありました。
先生はベネズエラ人男性で、その立ち振る舞いから、
ゲイの方だと推測しました。教え方がとても上手な人でした。

その他に数名の中国人がいて、その内の一人もまた私達が
日本人と分かるや、日本語の言語交換に興味のある様子。
『中国で日本語の授業料は凄く高い、教えてくれ』と言います。

その後、午後に約束した先生に日本語を教えに行きました。
日本語にはひらがな、カタカナ、漢字という文字があること、
数え方にも色々な不規則な数え方がある事、挨拶の方法等を
英語を交え1時間程教えました。声に出して読みたい日本語
その後、彼が1時間程スペイン語で話してくれました。

もはやスペイン語学校は私達には不要なようです。
言語交換をする事によって、無料で事足りるのですから。
こんにちは、にほんご!、嗚呼日本語を話す日本人で良かった!

タダより高い...

■ タダより高い...

ブログの更新が遅れてしまいましたが、少しずつ出来事を
更新していきたいと思います。

まずは先週の金曜日から。
ゆっくり朝食を取っていてメールをチェックすると友人から
連絡があり、今アメリカにいるが緊急で話したいとの事
でしたので、急いで彼にSkypeをしました。Skype基本&便利技

話の内容から彼の家庭事情はここではあまり触れませんが、
複雑な事情があり(どこの家庭でも起こりうる事です)、
現在彼が借りているアパートに暫く無料で住んで欲しい
との依頼でした。

彼は別の理由で私達に住んで欲しいとの依頼だったのですが、
私達が推測すると、彼は海外に飛び回りビジネスをしているので、
彼がここの家を留守にしている間、娘と家を見ていて欲しい
のだと思いました。

ハウスシッター兼、シッターのようなものですね。

ここの家賃は安いので、そう考えるとこの仕事は割安ですね。
また、かなりの責任が伴います。猫と獣医と派遣シッター

家賃がないなんて最高♪とばかりに飛びつきたいのは山々ですが、
行動も制限されますし、一旦引き受ければ引っ越ししずらくなりますし、
かなりの責任も伴いますし、家庭内の問題を共有する事になります。

『タダより高いものはない』という言葉があるように、
後になって相応又はそれ以上の対価を支払う事になるもの、
世の中は、都合良くできているものではないです

色々な物事を頼まれたり、御礼に費用がかかったりして、
かえって高くつくのです。
タダより高いものはない

彼の性格からして、少し激しい所があるので一緒に住むと
あれこれ頼まれそうなのと、もし何かを拒否したらアパートを
タダで住まわせてあげてるだろうと、断れない雰囲気に
なりそうです....。なので、いっそのこと家賃を払ってしまった方が
良いのでしょうが、なかなか人間関係は難しいですね。
人間関係は自分を大事にする。から始めよう

また同時に、彼のビジネスを一緒にやらないかという提案も
あります。こちらに無職で来たというのに、仕事が向こうから
次々にやってくるという状況に現在驚いている状況です。
* 実際に、仕事を頼まれたのはこれだけではありません。

こちらに来てから1カ月半ですが、コミュニティーが狭い為に、
人間関係が比較的濃厚になってくるのを感じます。
これは日本に居た時以上かもしれません。

人と人とがお互いに助け合い、強い絆が望める反面、
人間関係が近すぎてしまうので家族やビジネス等の様々な
トラブルも共有してしまう恐れをはらんでいます。絆の病

今後お互いにとって、何が一番良い解決策になるのか
模索していきたいと思っています。

バランスを上手く取る方法はないものか。
プロフィール

Author:さくらさくら1
30代、既婚、子なし夫婦です。
いつか大自然の中で動物と共に、のんびり自給自足生活が送れたら良いなと日々思いを馳せながら節約生活に励んでおります。
どうぞ宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お仕事紹介
レイドナビ