スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーノ

■ チーノ

先日のブログでも書いたのだが、現在ホステルに滞在している。
そこでは木曜日から日曜日にかけて人の出入りが激しいのだが、
月曜日にもなると広い館内は私達客はたまに2人きりだけになることも。
キッチンもほぼ独り占めできるし、比較的ゆったりした気持ちになる。

木曜日からバックパッカーで若い欧米人等がやってきては、
夜広い中庭のテラスで仲間同士夜遅くまでビールを交わしながら
自由に談笑していたり、客の子供達や従業員の子供達も素足で駆け回り、
ドアをばたっと乱暴に閉めたりきゃっきゃとうるさいので、
その時は仕方なく寝る時は耳栓をしている。

1週間前はある南米出身の男性と6人位の欧米人のグループがいて、
夜皆でご飯を作って食べていた。その時に南米出身の男性が
『チーノ、チーノ』(*チーノとはスペイン語で中国人の意味)と言っては
皆で笑って盛り上がっているのだ。この時私は南米出身の男性が
気の毒に思えてきたのだ。恐らく自分が“差別”されないように
中国人という人種を面白がる事で自分を取り繕っているかのように見えた。

ここのホステルの従業員に私は何度か『私達は日本出身よ』と伝えている
にも関わらず、そもそも私達のようなアジア人が珍しいのか、
彼等と話している時に“ああ、きっと例え私達が日本人であっても、
私達は彼等からしてみれば”アジア人“である事に変わりなく、
チーノ(中国人)だと思っているのだろう”と、相手の目や表情、態度から
感じ取る事もある。そう、目は口ほどに物を言うのだ。
もちろん中には、優しく毎日気遣ってくれる現地人女性もいる。

また現在隣の部屋にドイツ人家族がいるのだが、5歳程度の娘が
今朝の朝食の時に私の顔を見ながら、『彼女はアジア人だけど目が大きいわ。
でも中国人なのかな?』と家族に英語で不思議そうに話しているのである。
大人たちはぼそぼそと女の子に向かって何かを言っていたが、
こんな感じなのである。何を言いたいかと言うと、人種問題はかなり根深い。
日頃大人たちが話している事を子供がつい言葉に出してしまう事が多い。
このホステルの従業員の子供からも主人の目について、
中国人のようだと言ってくる始末なのだから相当なのだ。

だが、チーノと呼ぶ事は特に悪い事ではないとも聞く。現地人でも比較的
目の細いタイプの人がいて、そのような目を持つ現地人に向かって愛称や
ニックネームのように『チーノ』と呼んだりするのだ。だから全てが『差別的』と
とらえる必要もないのだ。だが、主人と2人で歩いているとかなり奇異な目で
見られてしまう事が多々ある。
少し面白半分で馬鹿にされている感が拭えない事から、日本人である私達が
チーノと言われるこちらとしては、どうしても良い気持ちがしない。
『私は日本人なのよ!』と大声で叫びたくなる事もある。

現地人からして、アジア人の顔をしていたら全て『チーノ(中国人)』になってしまう。
これはやはり大国である中国の絶対的な人口からしても仕方のない事であるし、
そもそも南米に移住してくる日本人が稀である事からも仕方のない事なのである。
また逆に現地人や欧米人からそこまで面白おかしく言われてしまう
中国人に対して、段々と気の毒にさえ感じてきた。
中国人であるが故に、笑われてしまう対象になってしまっている事が哀しい。
自分に自信のない人は特に、人を馬鹿にしたり差別しやすい傾向にある
と思っている。だからある意味差別する人を私は心の底で『可哀想な人』と
位置づけ思っているのだが、人間が人間を見下す行為はかなり根深い。

日本でもメディアを通して中国のバッシングが凄い事になっているので、
日本で中国や中国人に対して好意的な人はあまりいないかも知れない。
だが、それではあまりにも人生勿体ない事をしていると感じる。
人間の成長がそこで止まってしまうし、折角の様々なチャンスを
逃している事になるのだ。

人間は自分が見たり聞いたりした事を『信じる』傾向にあります。
自分が経験していなくともそれをあたかも自分が経験、体験したかのように
『信じる』のは少々残念ではなかろうか。
人間は人種である程度は教育や環境で、その人種の傾向が強く出る事はあるが、
魂の成長や優しさや愛等は出身国だけでははかれないのです。
ですが、時に人間は「■■人」と乱暴に一括りにしてしまうのです。
もしも、外国人と何かの共通言語で会話が可能であれば、
自分の心を開いて話してみる事をお勧めします。

すると自分の中で新しい感覚が生まれてくる。
今自分が持っている価値観や考え方は一体どこから来ていたのか等。

メディアで繰り返し中国バッシングをしているから、
自分も好きではなくなってしまうのですか?
嫌いになる理由を見つけるのは簡単ですが、
「好きをみつけようとする努力」をしてみませんか?
人生の新しい発見があるかも知れません。

そうしないと人生勿体ない気がするのです。
スポンサーサイト

荷物

■ 荷物

今月の末で旅を開始して早半年が経つ。
夫婦の現在の持物は大きなスーツケース1つと飛行機にチェックインが
可能な小さめのスーツケース1つとバックパック2つであるが、
当初上記に追加で大きなバックパックがあった。

大きなバックパックは友人宅に洋服や香水等と共に置いてきたし、
友人以外にも家の掃除に来ていた女性にも不要な洋服をあげた。

徐々に荷物が減ってきている。

だがもっと減らしたいし、減らせるのではないかと思っている。
次の移動までになんとか大きなスーツケース分を断捨離したい。
いきなりそんなに大量の荷物を減らすのは無理かもしれないが、
先日ある事がきっかけで移動の際に1人1つのスーツケースを
ガラガラと行動するのが危険と感じたので話しておきたい。

実は大きな都市から次の目的地へ向かうのに、バスを1回乗り換えすれば
スムーズに事が進んでいくはずであったのだが、私達は少し先回りをしようと
ルートを変更してその途中駅にあるバス停でバスを待っていたのだが、
これがそもそもの過ちであった。

バス停で暫く乗り換えのバスを待つも、次から次へやってくる
目的地行きのバスがどれも一杯で暫く乗せてくれるバスはなく、
そうしている内に現地の男性がバス停にやって来て、話かけられて
他の女性達とも話していると、その男性も同じ方角に行くと言う。
20分位経って目的地方面だが、私達は途中で乗り換えが必要になる
バスにその男性と一緒に乗り込むと、彼は通路を挟んで隣の席に座った。

バスに乗り込んでから、バス係員に目的地が■■だから、
乗り換えのバス停まで来たら教えてとお願いしてあった。
一緒に乗り込んだ男性と途中色々話していたのだが、
どうも話がおかしくなってきたのだ。

バスの運転手が私達に向かって『乗り換えの場所はここだぞ』と
親切に教えてくれたのだが、一緒に乗り込んだ男性が、比較的大声で
どうも 『いや、彼等は俺の家に来るんだ』と言ったようで、
私達はあっけなく下りるタイミングを逃してしまい、
彼に言われるがままバスに乗り続けて下りるはずであったバス停から
約1キロ程先でその男性と共に下車したのだ。

バスから下車してスーツケースをガラガラして反対車線に行くと、
男性が『大きな岩で敷き詰めてていて、コンクリートは一切使ってないんだ』と
見せられたのは泉であった。自慢げに『俺が作ったんだ。』とそして、
強制的に私達に写真を撮らせた。
続けて男性が、『この丘の上が俺の家だからおいで。』と誘われたのだが、
さっき道端で会ったばかりのこの男性宅にあがるのは恐怖を覚えた。
『スーツケースも重いし、今回はと…』丁重に何度も断ったのだが怖かった。

その後男性宅の敷地前でバスを待つもなかなか目当てのバスが止まらず、
結局男性が携帯で友達のタクシーを呼んでくれて、目的のバス停まで無事
送り届けてくれ事なきを得たのだが、自分達のスペイン語の理解不足と
危機管理能力のなさと、更に空腹で色々な事にイライラがマックスであった。

自分一人だったらと考えるとかなり怖いし、今回主人と一緒であっても
バス停で会ったこの執拗な男性に私達は『されるがまま』の状態であった。
もしその男性宅に2人で入っていたら、一体何をされていたかどうか。
命の危険があったかもしれないし、身ぐるみ剝がされていたかも知れない?

何より今回の教訓は、『急がば回れ』であった。
多少時間がかかろうが、大きな都市のバスターミナルで直接目的地まで
行くバスに乗り込まなければならなかったのだが、自分達を過信してしまった。
スーツケースを持って無防備に行動する事はかなり危険だと言う事を
肝に銘じておきたい。現地の人から見れば私達は目立つ外国人で、
尚且つ大切な物が沢山入っていると想像させてしまい良い標的になるのだ。

今回は幸運にも何もなかったのだが、荷物を減らして更に気を引き締めて
自分達の身を守らねばならないと思ったのであった。

ジャングル

■ ジャングル

実は今アマゾンのジャングルにある村に滞在しています。
先月はまるまるスペインのマドリッドにいたというのに、
今自分が南米のアマゾンのジャングルの村にいる事を考えると
何だか奇妙で不思議な感覚がするものです。

今暮らしているのはホステルで、家賃は月20,000円です。
個室でバス、トイレはついてはおらずキッチンも共有ですが、
これと言って不便は感じていません。
館内はとても清潔に保たれており、実際マドリッドよりも
精神的にゆったりと過ごせています。
ここではシフト制で現地人女性が4人程度勤務しており、
シーツやタオルは2日~3日に1度の頻度で交換してもらっています。

気候はジャングルなので、お昼はジリジリと太陽が照り付け、
湿度がとても高く肌は常にしっとりしています。
ジメジメとした気候なので、天気は変わりやすく
2日に1回は雷を伴う雨がざーっと降り、また晴れるの繰り返し。
植物達には最高の環境な為にぐんぐん育っています。
パパイヤ、アボカド、バナナ、パッションフルーツ、カカオ等
ここには書ききれない程沢山の種類のフルーツや野菜が
豊富に採れます。

東南アジアのタイのような気候を想像して頂ければと思いますが、
部屋にいるだけで汗が噴き出してきます。
外を暫く歩いから帰ってきたり、ご飯を食べた後は汗が吹き出します。
私はそんな気候が嫌いではなく、むしろ好きです。
同じ国内を既に何か所か旅していますが、地域によってこうも
気候や人々が違うのかと本当に驚きます。

湿度が凄いので、パンを出しておくとすぐにカビてしまいます。
また部屋の外はありとあらゆる鳥や昆虫がずっと鳴いています。

日中とても暑いのですが、夕方から比較的涼しくなりますので、
子供や大人が夕方から外に出て涼んでいます。

大人の夏休みといった日々を過ごしております。

人生に影響を与えた人達

■ 人生に影響を与えた人達

私の人生に大きく影響を与えた人達について考えてみました。
そしてそれが今の私を形作っているのです。

2年半前に南米を夫婦で訪れた際に、外国人の間では有名なある
長寿の村で2週間滞在したのですが、その時に出会った
60歳位のアメリカ人男性と話した時に人生観が変わりました。

もともと節約志向であったのですが、その男性の話す内容に
終始考えさせられる事ばかりでした。
『現代は消費をさせる世の中の構造になっている、生活をするのに
必要な物はあまりない事、そして世界中を旅して回って来たが、
戦争が起きている場所でさえ人々は普通に生活している、
また私達に一方的に与えられている情報がいかに一遍的か、等々。』

例えば、日本人が南米に持つイメージはどんなものだろうか?
凶悪犯罪が多発し『危険』というイメージを持ってはいないだろうか?
実際に来てみると、人々は暖かいし気遣ってくれる。
もちろん中には危険な地域もあれば、人もいるのは確かですが、
日本にもそうした部類の地域や人達もいるのです。

ウルグアイの前ムヒカ大統領もその一人だ。
彼は時折ユーモアを交えつつ話すスピーチの内容が圧巻です。
彼は軍事政権下で14年間も牢獄の中で過ごした際に、
沢山の時間を本を読む事に費やし過ごしたそうです。
先日Youtubeで聞いた彼の言葉の中で、名言が山ほどありますが
聞いたはっとした事。

それは『お金を使う事は、自分の時間を使う事と一緒だ』という内容。
これを聞いて本当にその通りだと自分の中で衝撃を受けたのです。
この世の中はマーケットエコノミー。
お金を稼ぐ事と使う事は、自分の時間を犠牲にする事と同じこと。

今現代で生きている人の殆どの人が、スーパーで買い物をしていたり、
レストランに行ってご飯を食べたり、店で洋服を買ったりする際、
果たして『お金を消費する事=自分の時間を消費する』とそんな事を
意識しながらお金を使っているでしょうか?

少なくとも私はお金を使う時、そんな発想を持つ事などありませんでした。
自分が生まれた当初からこの社会で生きていくにはお金という
紙やコインを使って物を買ったりする世の中で、何かを買う時や
サービスを提供してもらう時に、『お金を消費する事=自分の時間を消費』
という発想を今まで持ったことはありませんでした。
つまりお金を使う事が”当たり前”過ぎて、無意識なのだと思います。

前ムヒカ大統領: 
『私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。
そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、
6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも
長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを
支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、
いつの間にか私のような老人になっているのです。
私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。....』

こうした事を聞くと、極端ですがお金を使う事が、自分の人生の
時間を残念な形で犠牲にしてしまうのだと気づきました。
もちろん生きていくにはスーパーで買い物をしたり、着る洋服も必要です。
必要だと思って買うのですが、本当に必要であるものは案外少ない。
それに気づかず大きな買い物をした結果、自分の時間を失ってしまう。
そしてまた人生の短さとその時間をどう有意義に使えるだろうか、
という事を別の視点から考えさせられるのです。

皆さんは人生に影響を与えた言葉はありますか?

スペイン

■ スペイン

先月はスペインはマドリッドに1カ月程滞在してたのですが、
現地で感じた事を書き出してみたいと思います。
滞在していた場所はAirbnbを使って個室を予約しましたが、
マンションでありながら1Fと2Fがあるデュプレックスのような作りになっており、
階段で下に降りると全部で3部屋のベッドルームと共有のバスルームがあり、
玄関から入って正面にキッチン、そして左にリビングルームがある作りでした。
オーナーであるスペイン人男性は下の階の3部屋を全てカップル貸し出しており、
自身はリビングルームに彼女と一緒に住んでいましたので、
私達カップルを含めると計8人が暮らしていた事になります。

ルームメイトはスペイン人カップル、チリ人とドイツ人カップル、
そして私達日本人カップル、スペイン人オーナーとその彼女。
一緒に暮らしていた4人のスペイン人を観察してみて思ったのですが、
スペイン人は日頃から非常に声がうるさいです。
それはヨーロッパの中国人のようだと比喩する方もいて、
その彼等の自己主張の強さと荒さと汚さに納得してしまうのです。
この人達は仕事をしているのかと思う程家にいる事が多く、
あまりストレスなく暮らしているイメージも持ちました。

彼等が人生において大切にしている事は、午後のシエスタの時間に
美味しいタパスを摘まみながらビールかワインを飲み、
家族や気の合う仲間と熱く語り合う事。そして食事という時間を大切な
時間として扱っている事です。
スペイン人はかなり自己主張が強く、自分は政治やこの事柄に対してこう思う、
一緒にゲームをしながら叫び合う等…気のすむまで語り合い
お互いに強く繋がり合いたいという欲望と同時に話したり叫んだりする事で
ストレスを発散させているかのように見えました。
あまり自分の考えがなく静かで話さない人は、『何も考えていない人』とみなされ、
あまり良くは思われない傾向があります。

週末の15時頃にバルやレストランに行くと、家族連れやカップル等で
お店は大賑わいです。そして彼等が食べて飲んだ後のテーブルと床は
ペーパーナプキンがところせましと捨てられ、悲惨なものがあります。
よくぞここまで散らかしたと言う程、テーブルの下にはパンや紙ナプキン等が
無数に落ちており驚きます。こちらのマナーはテーブルの下に落とした物は
自分では拾わないという習慣があるのです。お店や店員への嫌がらせなのか、
はたまた床が汚いのはお店が繁盛している証拠であるという見方もありますが、
どちらが正解なのかまだ検証できていません。
少し前ではあるフライドチキンが有名なお店では鳥の骨が沢山床に落ちていれば
その店が繁盛しているという事だし、ある貝が有名なお店では食べ終わった
空の貝が床に落ちていれば繁盛しているお店と言われていたようですが、
現在では女性がお店に入りやすくするため掃除をするようになっているそうです。

シエスタの文化があり14時~17時までは休息の時間帯でお店や銀行等が
閉まってしまいます。そのシエスタの間に職場から一旦家に帰ってゆっくりと
ランチを食べます。あるスペイン在住のスペイン人と結婚した日本人女性は
平日は毎日のように旦那さんがお昼を食べに帰って来るのが億劫だと
ブログで嘆いていましたが慣れてしまうそうです。

このシエスタはスペイン人の大切な文化ですが、もし自分がスペインで
住み働く事になれば、いくら午後に長時間の休憩が取れても、
17時から21時までと遅くまで毎日働かなければならないのが嫌ですね。
それ以前にスペインでは失業率が現在18.63%と2014年1月の25.93%から
大分回復したと言えますが、隣の部屋に暮らしているチリ人女性と
ドイツ人男性のカップルはマドリッドに暮らし始めて2か月程になると言います。
ドイツ人男性は既に仕事を得て仕事をしていますが、ジャーナリストをしていた
チリ人女性は依然として就職活動をしていました。

スペインを訪問する事前にスリや置き引き、強盗等の情報を何度か
インターネット上で目にしましたが、実際は全く問題なく過ごせてたので、
もちろん油断は禁物ですが、心配し過ぎる必要もない程度だと思います。
プロフィール

さくらさくら1

Author:さくらさくら1
30代、既婚、子なし夫婦です。
いつか大自然の中で動物と共に、のんびり自給自足生活が送れたら良いなと日々思いを馳せながら節約生活に励んでおります。
どうぞ宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お仕事紹介
レイドナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。