バス問題

■ バス問題

この町では毎日475台のバスが多頻度で町中を運行している。
そのうち92%のバスは2002年位から使われている古いバスで、
約5%が2008年から運行を開始したバスたち。

毎日の運行によりバスの破損が激しいにも関わらず、既に16年間も
走り続けているが、こちらの交通法によりバスは20年間は公道を
走り続けなければならないという摩訶不思議な規定があり、
破損したボロボロのバスが廃車されるまで、あと4年間もある。
バスの面白すぎる雑学話

現在運賃はどこまで行っても一律25円。2003年から運賃は未改定。
破損したバスを修復する費用や、新しく買い替えるお金も今や政府にはない。
お金がない!

以前、バスから大量に排出される排気ガス等の環境汚染を考慮し、
1台数千万かかる電気バスの導入を検討したが、運輸省のトップは
運賃の引き上げが早急だと言及するも、市民から反対の声があがった。

電気バスの導入の話はなくなったが、代わりに市長がインドラ社と
路面電車の建設を契約しました。
現在工事を着工しており、来年3月にも運行を開始する予定でいるが、
当初予定していた契約金額よりも大幅にオーバーしている模様。
このままでは支払えないので、この町にある軍施設の土地を売却して
お金を作りたいようです。

また噂ではインドラ社と直接契約を交わしたこの町の市長は、
1億位の裏金を貰っていたようで、既に行方をくらませてしまったとの事。
賄賂の話

こうした話は日本だけではなく、世界中至る所で聞くような話ですね。
お金を貰ってサインして、無責任にどこかへ逃げてしまう。
自分とお金が一番かわいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戦後間もないころの東京を思い出します。新宿 戸山ハイツと言う都営住宅に住んでいましたが、名前イメージとは程遠い、戦後の応急住宅 1000戸のバラック住宅。マッカーサーの指示で住宅不足対策で立てられたもの。当時周辺は田んぼ 畑 新宿に伊勢丹ビルがあるだけ。大久保通り・明治通りには「木炭自動車」が煙モクモク出しながら走っていました。力不足で坂道登れず、乗客が押します・・・庭には狐・タヌキが出没しました。途上国の変化は日本の戦後復興に重なりますネ。20年走らせる規則 物を大事にする意味は分かりますがメンテ出来なければ困ります。市長さん金持ち逃げ どこの世界にもあるんですネ。

Re: タイトルなし

kitchenplaza様 コメントを有難うございます。戦後の東京の姿を残念ながらこの目で見た事がないですが、頂いた文章から目に浮かぶように想像できました。今の新宿からの凄まじい発展ですね。摩天楼を見る度に、人間はどこを目指しているのか色々な意味ですごいなと思います。
プロフィール

Author:さくらさくら1
30代、既婚、子なし夫婦です。
いつか大自然の中で動物と共に、のんびり自給自足生活が送れたら良いなと日々思いを馳せながら節約生活に励んでおります。
どうぞ宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お仕事紹介
レイドナビ